車,出張,査定

車出張査定で愛車を高く売る秘密の方法

車出張査定で愛車を高く売る秘密の方法 > 車出張査定に関するいろいろな注意事項

洗車は必要?

業者によると、
「洗車とかしなくていいですよ~。変わらないから」
って、お兄さんは言っていましたが。
そこの会社のHPを見たら。
「洗車は必須」的なことが書いてありました。
あら。

洗車はどちらかというと業者側にとって、
しておいてもらった方が助かるというものです。
というのは、汚れていると傷が汚れと判別できず見逃して
減点し忘れたりするからです。

洗車してピカピカだから査定金額が上がるということは、
ほぼあり得ません。

高値が付けられたと印象付けるために、
「きれいに乗ってますね~」など言われるだけかもしれません。



洗車するかしないかは、色々と意見の別れるところです。

ある査定士によれば、「査定を受ける前の洗車は重要です。汚れて査定に出すお客様が、日常的なメンテナンスをキッチリと行っていたとは考えにく、そこで細かなところまでチェックしますが、キレイになっていると、大切に扱われてきたクルマだろうと思います。雨の日に雨滴が玉になってボディを流れたりすると、心証はやはり良くなります」とのことです。

洗車をしたことで査定額がどの程度高まるかは車両の状況次第だが、少なくとも減点にはなりません。そして洗車をすることは、商品を買っていただく側のマナーです。


というわけで結論は、『洗車はしておくべき』です。

​車出張査定で売る時に必要な書類

車を売却する際には、いくつかの書類が必要となります。これらを事前に用意しておくことで、車の買取手続きはスムーズに行えます。委任状や譲渡証明書などは、車買取業者で用意してくれることが普通ですが、念のため必要書類は事前に確認しておきましょう。


実印・印鑑証明書(小型&普通車)  , 認印(軽自動車)
小型&普通車は、発行されてから3か月以内の印鑑証明書を用意します。
なお、軽自動車は届け出になるので認印で良いです。

自動車検査証(車検証)
ディーラーローンの支払いが終わっていなかったりすると、所有権が留保されていて、所有者の名義が販売会社などになっていることがあります。この時には移転登録のために所有権を解除する必要があり、別途、手間を要します。

自動車税納税証明書
自動車納税証明書も添付しなければなりません。新たに車検を取得する時にも必要です(車検の場合、銀行からの引き落としに設定してある場合は不要)。紛失した場合は各都道府県の税事務所で再発行してもらえますので車買取業者に相談しましょう。

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)
グローブボックスなどの内部に、自動車検査証と一緒にケースの中に収められていることが多いです。たいてい車検有効期間よりも1ヶ月程度長めに設定してあるので、殆どの場合は期限切れが発生しにくくなっています。紛失した場合は保険会社に再発行してもらう必要がありますので、車買取業者に相談しましょう。

リサイクル券
自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金が支払われていることを証明する書類です。こちらも車検証と一緒に保管されている可能性が高いものです。紛失した場合は、自動車リサイクルシステムのホームページから『自動車リサイクル料金の預託状況』を印刷すると、その書面がリサイクル券の代替となります。



以上が必要な書類ですが、自動車検査証に記載されている住所と印鑑登録証明書の住所が異なっている時は、住民票も添付します。
結婚をしたりして名字が違っている時にも住民票が必要です。

一応念の為に、愛車を売却することが決まった段階で、買取店などに必要な書類を問い合わせておきましょう。

それから愛車の価値は時間の経過に伴って低下していきますので、書類を揃えるのが遅れると、改めて査定をやり直すことになります。そうなれば査定額も下がってしまいますから、書類は迅速に揃えたいところです。

​即決するとクーリングオフの問題が発生

出張査定で即決した場合、クーリングオフが適用されません。そのため後でなかったことにしようとしても、高額な違約金を請求されるかもしれません。

せっかく出張査定に来てくれたのだから車を売らないといけない。と、いうことはありません。もちろん、業者としては売ってくれるほうが嬉しいでしょうけど、無理に安い値段で売る必要もありません。絶対に売らないといけない義務はありませんから、査定額が気に入らないなら売らなくてもいいんです。

後日売ることを決めるのは落ち着いて判断できるので良い方法とも言えるでしょう。

一括査定は、なぜ良いのか?

一括査定は、なぜ良いのか?
かんたん車査定ガイドのようなサイトは、一般的には「一括見積もりサイト」と呼ばれています。



一括査定を申し込むと、まずは各業者の買取額一覧が表示され、それを見ることによって大体の相場がわかります。

その後気に入った業者だけを選び、出張査定してもらうわけです。



かんたん車査定ガイドで出てくる業者数が少なくても、様々な業者と提携しているのでヒット率も上がります。



入力項目はかんたん車査定ガイドが、比較的少なく、まさに「かんたん」です。

ちなみに心配されるのが電話やメールの多さですが、こういう大手の一括サイトに登録できる業者は
厳しい審査をクリアしたところだけなので、基本的に問題ありません。